内視鏡調査



別名ファイバースコープと呼ばれているカメラで、40mのケーブル先端にカメラが付いており、動画や静止画をピンポイントで撮る事ができます。
人体に使う内視鏡カメラのように、直接見る事が出来ない排水管内部を見る事ができます。
詰まり修理をしてもすぐに詰まってしまったり、詰まりの原因が解らない場合等は、一度、内視鏡で調査してみた方が良いと思います。
当社では3種類の内視鏡カメラを用意しておりますので、調査する場所に一番適したカメラで調査をする事が出来ます。

例1

排水管内の破損状況が確認できます
例2

排水管に継手等を使わずに直接排水管を挿しているので詰まりやすいです

例3

排水管がたるんでいる為、耐水しています
例4

配水管が割れています

例5

マンションのシンク洗浄前です


マンションのシンク洗浄後です